プラス特許事務所

知財サービス

1.まずは、お気軽にご相談ください!

知財相談

・いい商品ができそう!技術やデザインをマネされないようにするには?
・事業の拡大にあたり、社名、商品名、サービス名を守るには?
・会社のブランド力、この商品のブランド力をさらに向上するには?
・海外進出したいけど、海外の特許とか商標は?地理的表示って?

2.このような知財相談に、真摯に対応します。

提案

・皆さまのアイデア(発明・商標など)を明確にし、さらに、国内外にて公表されたアイデアとの差を明確にします。

・皆さまのアイデアについて、特許権や商標権などの知的財産権を取得するのか、ノウハウとして秘密に管理するのか、等をご提案します。

3.当所の提案に基づいて打ち合わせをします。

握手

①知的財産権を取得するのか、
②ノウハウとして管理するのか、
③その他、を決定します。

4.アイデアを文書化して手続きをします。

執筆

①知的財産権を取得する場合
 国内外の状況や事業の方向に沿って、発明・商標のベストな姿を見極めて文書化し、出願の手続きをします。
②ノウハウとして管理する場合
 アイデアを世の中に知らせずに、有効に管理できるように文書化します。

5.このような活動の結果、①知的財産権、②ノウハウが、蓄積してゆくと・・・

苗

・他人が皆さまの事業へ参入しにくくなります。
・価格競争に巻き込まれにくくできます。
・商品・サービスをPRできます。
・商品・サービスの信頼性が向上します。

6.継続して①知的財産権②ノウハウを蓄積し、知財活用(他人の使用の差止め、ライセンス、PR活動等)をしてゆくと、

木

・現事業の差別化・強化、継続的な実施につながります。
・知財リスクが小さくなります。
・知的財産権・ノウハウの蓄積を通じて、社内インセンティブが働きます。
・現事業の強化により、新事業への取り組みが容易になります。

商標・特許等についてご検討の際は、プラス特許事務所にご相談ください!

弁理士