プラス特許事務所

特許について、簡単な疑問にお答えします。

Q1 特許って何?

A1
特許の素朴な疑問

発明を保護する制度です。
発明とは、技術的なアイデアのことです。
発明が新しく、容易に考え付かないものであれば、特許発明として認められます。

Q2 特許発明として認められると何が良いの?

A2
特許の素朴な疑問

その特許発明を、一定期間、独占的に実施することができます。
また、他人によるその特許発明の実施を差止めできます。

Q3 そうなると結局、何が良いの?

A3
特許の素朴な疑問

①自分だけがその特許発明を実施できるので、価格競争に巻き込まれにくいです。
②その特許発明に関する事業への、他人の参入を抑制できます。
③その特許発明の技術を世の中にPRできます
④その特許発明の技術の信頼性が向上します。

Q4 じゃあ、とりあえず特許出願すればいいの?

A4
特許の素朴な疑問

 特許出願した場合、その内容が世の中に公開されてしまうため、 その発明の技術の内容によっては、特許出願しない方が良い場合もあります。
 特許出願するか否かの判断は、特許の専門家である弁理士へのご相談をお勧めします。

 よろしければ、こちらのTOPICもどうぞ

特許についてご検討の際は、プラス特許事務所にご相談ください!